メテク・ヒストリー/企業情報

1974年 メテク誕生 ~ 新生児用呼吸器から始まった ~

メテクが初めて世の中に出した製品は、新生児用呼吸装置でした。この製品を原点に、当社の歩みが始まりました。

新生児用持続陽圧呼吸装置 CPAPシステム / 創業当初の辻剛現会長(創業者)

1975年
新生児用持続陽圧呼吸装置 CPAPシステム*
1976年
シリンジポンプ NIP-2D*
1977年
血液ポンプ BP-1*
輸液ポンプ 200ML*
血液濾過用装置 NY-2*
1978年
血液ポンプユニット ATM1154*
1979年
血液濾過用装置 NY-3*
運搬用保育器 ポータブルクベウスACDC*

1980年~ 量産体制の構築 ~ 埼玉工場を新設 ~

当社の製品がお客様の支持を徐々に得ることで、生産数が増えて行きました。そこで1981年に埼玉工場(現:埼玉事業所)を新設し、量産体制を築きました。新たな分野にも次々と参入し、当社の製品が多様な場で使われるようになりました。

竣工間もない埼玉工場 / 血液シリンジポンプユニット / 透析用監視装置

1980年
血液透析濾過用装置 TR-700*
バイカーボネイト透析液混合装置 NIP-BCI*
1981年
シリンジポンプ MARK-30*
1982年
バッグ加温器 HT-0002*
1983年
血液シリンジポンプユニット TR-27*
携帯型輸液ポンプ CP-136*
1984年
血漿浄化装置 プラソート1000*
1985年
透析用監視装置 AMC-106*
輸液ポンプ OT-501*
血液浄化装置 プラソート2500*
1986年
輸液ポンプ AP-500*
個人用透析装置 AMS-1006*
1987年
補液・輸液ポンプ MP-150*
1988年
膜型血漿分離用装置 プラソートiQ*
シングルニードル装置 TR-77*
1989年
携帯型シリンジポンプ SP-3HQ*
血液・シリンジポンプユニット NIP-BHP-3N*

1990年~ 品質世界一を目指す企業へ ~ 品質保証体制を確立 ~

製品のさらなる信頼獲得を目指し、1995年にISO9002及びEN46002、1997年にISO9001及びEN46001といった認証を順次取得し、品質保証体制を強化しました。この時期から、当社の製品が海外で使われ始め、グローバルな展開が始まりました。

持続緩徐式血液浄化装置 / 輸液ポンプ

1991年
輸液ポンプ OT-601*
1992年
個人用透析装置 AVS-3008*
1996年
携帯型輸液ポンプ CP-300*
1997年
腹膜灌流用紫外線照射器 UVフラッシュオート
1998年
持続緩徐式血液浄化装置 ACH-10
個人用透析装置 SDS-30

2000年~ 新たな展開へ ~ グローバル展開が本格化 ~

グローバル展開が本格化し、医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格であるISO13485:2003の認証を取得しました。2011年には埼玉事業所内に新棟を建設し、更なる事業発展へ向け、新たな一歩を踏み出しました。

血液浄化装置 / 埼玉事業所新棟(2011/5竣工予定)

2000年
輸液ポンプ OT-711*
2002年
血液浄化装置 プラソートiQ21
2004年
輸液ポンプ OT-707、OT-777
2007年
血液浄化装置 ACH-∑
2008年
個人用透析装置 MDS-101
2012年
汎用輸液ポンプの開発
  • ※製品名に「*」のあるものは、医療機器製造販売承認整理済みのため、現在は製造販売を行っておりません。
  • ※本ページは、特定の医療機器に関する情報提供や広告を目的とはしておらず、また直接弊社から製品をご購入いただくことは出来ません。